あなたの痛みを原因から改善する

鼻炎から肩こり~対策方法~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は肩こりがあって鼻炎もあるという方に試して欲しい対処法です!

鼻炎(鼻づまり)から肩こりになる理由

鼻が詰まっていると普段より呼吸をする筋肉に

負担が掛かります。

 

普段は横隔膜などの筋肉が主に働いて

呼吸をしているのですが、

呼吸量が増えたり、

鼻づまりやマスクなどで呼吸がしづらくなると

普段は呼吸では使わない、

肩まわりや背中の筋肉を使うようになります。

 

猫背のような姿勢ではその姿勢自体も

肩こりの原因になりますし、

猫背で胸を張れないことにより

呼吸で肩まわりの筋肉を余計に

使うことになります。

 

対処法

鼻の奥に篩骨という骨があるのですが、

ここが鼻炎と関連があります。

青いところが篩骨(しこつ)

青いところが篩骨(しこつ)

篩骨を温める

蒸しタオルとかでもいいですし、

蒸気のアイマスクでもいいです。

場所が少しわかり辛いと思いますが

アイマスクで覆う範囲にありますので、

目から鼻を覆う形で大丈夫です。

鼻から目の範囲を温めよう

鼻から目の範囲を温めよう

さらに、

肩こりがあって、パソコン仕事などでよく目を

使う方は目の筋肉と首の筋肉の連動が

ありますので、温めて目の筋肉をほぐすことで

そこからの効果も期待できます。

関連のある臓器

篩骨は子宮・前立腺と関連があります。

ですので下腹部にホッカイロをあててあげたり、

寝ている時に冷やさないように腹巻をしてあげたりするとよりよいと思います。

寝ている時にホッカイロは低温やけどになりますので避けてくださいね!

お腹の下のあたりを温めて下さい(^^)

お腹の下のあたりを温めて下さい(^^)

それでも変わらないといった場合は歪みとかの問題となってくるのですが、

自宅で簡単にできますので

是非試してみて下さい(^^)

 

ご質問がある方はお気軽にご相談ください。

ご質問はLINE@から受付ています!

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

今なら初めての方限定!

他のキャンペーン、クーポン等と併用は出来ません

ご予約はこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.