あなたの痛みを原因から改善する

ギックリ腰が増える時期です!原因と対策について解説しています。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

季節の変わり目のこの時期、ギックリ腰が増えてきます

この時期に起こるギックリ腰は??

原因を解説していきます(^^)

原因1

夏の疲れで免疫力が低下する。
内臓としては脾臓や盲腸の疲労が起きます。
そうすると歪みや体の動きを悪くする原因になり
ギックリ腰に繋がります。

原因2

食欲の秋
ついつい食べ過ぎちゃいますよね^^;
この時期は消化器に負担をかけている

クライアント様が多いかなと感じます。
影響を受けやすい胃は原因1であげた

脾臓と胃脾間膜という膜で繋がっているので
夏の疲れをためていて、

その上食べ過ぎちゃっているという方は要注意!
胃に負担がかかると背中が丸くなったり、

体をひねる動作に制限がかかりやすくなります。

原因3

水不足
暑い時期は意識してしっかりと水分を

摂っていたけれど、
涼しくなったらついつい忘れがちに。

汗をかかなくても一日に必要な水分量は
体重×30ml
50キロの人で1.5リットル毎日最低必要です。

水が不足すると腎臓に負担がかかります!
腎臓は大腰筋という腰の大事な筋肉とつながりがあり、

ギックリ腰=腎臓といってもいいくらい重要な臓器です。

さらに、原因1,2であげた脾臓、胃は左側で

腎臓の前にあるため
脾臓、胃の疲労が腎臓に影響を与えます!

 

この時期にギックリ腰になったことがある!
そして痛いのが左側だった!!
という方は要注意!!!

予防法は?

温まる

免疫・消化器・腎臓全てのケアに共通することです。
入浴は欠かさずに!

お腹周りは常に暖かく保ちたいので
腹巻きなども効果的です。

効果的な入浴方法はコチラ↓↓

からだを芯から温める入浴方法

 

食べすぎない・よく噛む

食べ過ぎないでと言われても・・・
というあなたはせめて良く噛んで下さい!

30回は噛みましょう!

それだけでも胃の負担は減ります。

理想は16時間食事を取らない時間を作ること。
そうすると胃腸の負担がかなり楽になります。

理想の食事回数はコチラ↓

理想の食事回数は?

水を飲む

ギックリ腰と水。本当に関連が深いのです。
体重×30ml
是非実践してください!
必要な水分量についてはコチラ↓
水分不足で起きる不調!一日に必要な水分量は?

 

一番の難関は

私的には食べすぎないことでしょうか笑

でもこの時期にギックリ腰をしたことがある方は

是非実践してください!

 

それでもギックリ腰になってしまったら当院にご相談下さい!

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

 

ご予約はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やまぐち鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.