MENU TEL

Blog記事一覧 > しびれ,ヘルニア,内臓整体,腰の痛み > ヘルニアという診断であきらめないでください!!

ヘルニアという診断であきらめないでください!!

2018.01.10 | Category: しびれ,ヘルニア,内臓整体,腰の痛み

今回は腰痛の原因としてよくあげられる腰椎椎間板ヘルニアについてです。

 

腰が痛くて整形外科に行くとレントゲン検査を受けますね。

そこでヘルニアが見つかると『あ、ヘルニアがありますね。腰痛もこのせいでしょう。』なんてことよく聞きませんか?

もしくはあなた自身がそうだったでしょうか?

 

その前にヘルニアとは・・・?

ヘルニアとは『本来の場所からはみ出す』といった意味のようです。

 

腰椎の椎間板(背骨の一個一個の間に椎間板があります)が姿勢の不良や歪みなどで圧迫され続け、本来の位置からはみ出してしまえば『腰椎椎間板ヘルニア』となります。

なんかこんなことになっていればとても腰が痛そうですよね(;´・ω・)

ですが!

 

このヘルニア。本当に腰痛の原因になっているでしょうか?

 

ヘルニアって一回出てしまうと自然に元に戻ってくれるようなものでもありません。

 

でも腰痛になって整形外科でヘルニアって言われたけど腰痛が落ち着いたって経験がある方もいるのではないでしょうか?

 

ヘルニアが元に戻ったわけではないのに!

 

 

逆にヘルニアが原因だ。と言われてヘルニアの手術を受けたにも関わらず、まったく腰痛が改善しなかったなんて方もいらっしゃいます。

 

これってヘルニアが腰痛の原因になっていたらおかしな話ですよね?

 

ではヘルニアで起こる症状は??

 

ヘルニアによって引き起こされるのは飛び出したヘルニアが神経を圧迫することによって起こるシビレや筋力低下などです。

ただし、ヘルニアによって足がシビレている。と言っても本当にヘルニアからのシビレなのかという判断もしなければなりません。

 

正座をした後に足がシビレた経験は皆さんあると思います。

あれって神経のシビレではなく足に血行不良が起きることによるシビレなのです。

 

日常生活であそこまでの血行不良が起きることは考えづらいですが、歪みや無理な姿勢を取り続けたことで筋肉が緊張してくると筋肉を包む筋膜という膜を流れる血流が悪くなります。

それが慢性的に続いていくとシビレという症状で現れます。

 

あくまで当院の患者さんを診ていての感覚ですがヘルニアなどで実際に足がシビレている方より、歪みから筋肉に負担が掛かって血流が悪くなることによるシビレの方が多いです。

 

では腰痛の原因とは??

当院では内臓の状態も含めて原因を追究していきます。

 

腰の上の方が痛い場合

これは腎臓絡みの可能性が疑われます。

腎臓が疲労してくると胸椎の11番12番の動きが悪くなります。

ここは胸椎なので厳密に言えば腰ではないですが、ここが硬くなると身体の動きに制限がかかってしまい結果的に腰の上の方が痛くなります。

 

腰の下の方が痛い場合

ここは大腸・子宮・卵巣・前立腺・精巣絡みの可能性が疑われます。

大腸は腰椎の4番、子宮・卵巣・前立腺・精巣は腰椎の5番の動きに影響を与えます。

腰の下の方が痛くて、便秘があって、生理痛があって、足が冷えるなんて方は要注意ですよ!

 

つまりヘルニアが原因で腰が痛い・・・ではなくヘルニアになってしまうほど椎間板に負担をかけていた身体の歪みが腰痛を引き起こしていることがほとんどです。

 

あなたの腰痛も本当の原因は意外なところにあるかもしれませんよ!!

もしも思い当たる事があるなら是非当院へお越しください(^_-)-☆

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日