MENU TEL

Blog記事一覧 > 内臓整体,腰の痛み > 『ぎっくり腰』一度の力で起こるわけではないですよ!

『ぎっくり腰』一度の力で起こるわけではないですよ!

2018.01.12 | Category: 内臓整体,腰の痛み

急激な痛みに襲われるぎっくり腰

一度の大きな力がかかった時に起こるイメージがありますが実はそんなに大きな力がかかって起こる例は少数です。

 

一度の負荷よりも・・・

長年の生活習慣や日常生活動作により限界を迎えた腰が、『グキッ』といきぎっくり腰になります。

 

実際にぎっくり腰になってしまった方の受傷理由を聞くと

靴下を履いた時

くしゃみをした時

寝転がった瞬間

屈んで物を取ろうとした瞬間

荷物を降ろした瞬間

 

腰に力を入れた瞬間よりも力を抜いた瞬間や気を抜いてる時の方が受傷理由としては多くなります。

 

疲労して固まった筋肉が力を抜いて緩んでいる状態で不意に動いた際に発症します。

 

 

『では筋肉に疲労が溜まらないようにストレッチ??』

もちろん大事なセルフケアです。

当院でも自宅でできるケアとしてお教えしています!

 

『でもそんなに筋肉に負担がかかるようなことした覚えがないのにぎっくり腰になったんだけど・・・』

もしくは

『接骨院や整体院などで教わったストレッチを毎日していたのにぎっくり腰になってしまった・・・』

というあなた!

 

筋肉の疲労が要因というわけではなく色々な原因があるのです。

 

そのひとつに『腎臓』があります。

腎臓は特にぎっくり腰に深いかかわりを持ちます。

 

腎臓が歪むと・・・

まず胸椎の11番12番の動きが悪くなります。

特に胸椎は身体をまわす動作で大きく動きます。

ここが硬くなると腰椎にも負担を及ぼし、まわりの筋肉にも負担がかかってしまいます。

 

さらに大腰筋という筋肉の動きが悪くなります。

位置的にも腎臓と密接で腎臓の不調を受けやすい筋肉です。

大腰筋が硬くなると

図のように腰椎から股関節をまたいで足の大腿骨に付着するため、股関節や腰椎の動きを制限します。

腰椎を前に引っ張るように働くので反り腰の人はこの筋肉の負担が考えられます。

 

なぜ腎臓に負担が掛かるのか?

まず腎臓単体の問題では水の不足が考えられます。

 

一日に最低体重×0.3ℓは必要とされています。

 

体重60㌔の人なら最低1.8ℓは毎日飲みましょう。

 

 

次に消化器からの負担です。

 

右の腎臓は肝臓のすぐ裏に位置し、左の腎臓は胃と膵臓のすぐ裏に位置します。

これらの歪みが腎臓にも負担をかけてしまいます。

 

不摂生に食べ過ぎたり、偏った食生活は要注意です。

 

 

もちろん前述のようなものが要因の全てとは限りません。

ですが痛めた筋肉をマッサージしたり電気をかけたり、コルセットを巻いて安静を保ったりではなかなか改善していないのも事実です。

 

当院では筋肉だけの問題にとらわれずしっかりとした検査で原因を突き止めて施術を行います。

 

実際に施術を受けた方の感想です

他にも患者様の感想はこちら

内臓整体についての詳細はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日