MENU TEL

ぎっくり腰!冷やす?温める??

2018.02.21 | Category: 内臓整体,腰の痛み,腰痛対策,自分でできる身体のケア,豆知識

ぎっくり腰になったら

 

冷やすのか温めるのか?

 

よく聞かれる質問なので皆さん悩むところだと思います!

 

結論から言うと温めた方がいいです。

これはぎっくり腰に限りません。冷やした方がいい場合は腫れや内出血がひどい場合。

捻挫とか打撲とかですね。

しかしそれですら最近は冷やさない方が治りが早いと言われています。

 

 

実際セリエAかどこかののトレーナーは捻挫の後冷やさないらしいです。(ちょっと曖昧な情報です)

※リハビリで足を着かせたい時に痛みを抑える為には冷やすようです。

 

 

 

急性期は冷やした方がいいでしょ!!って意見もあると思います。

治療家でも意見の割れるとこです。

 

 

 

実際、私も務めていた頃は冷やせと教わり冷やしていました。

ただ、冷やした後に歩けなかった人が歩いて帰れた例は見なかったですが。

 

 

そもそもぎっくり腰を急性の捻挫のように決めつけている時点で・・・

 

 

ぎっくり腰は一度の力で起きるわけではありません。歪みや日常生活で疲労を蓄積させ最後、ちょっとしたきっかけで発症します。

 

つまり腰回りはずっと血流の悪い状態が続いていた状態。

 

 

どんどん血流を上げてあげた方が筋肉もほぐれるし疲労も抜けます。

お風呂も湯船をまたげるようなら入って下さい。

ただシャワーで済ますと濡れた皮膚から患部の熱を奪ってしまうので気を付けましょう。

 

 

冷やしてしまうと血流を下げてしまうのでその場ではいい気はしても結果治りは悪くなりますので気を付けてください。

 

動画でも解説しています!

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日