MENU TEL

Blog記事一覧 > 腰の痛み,腰痛対策,自分でできる身体のケア > 暑い日こそ冷えに注意!!冷えからくる不調と対策について。

暑い日こそ冷えに注意!!冷えからくる不調と対策について。

2018.05.24 | Category: 腰の痛み,腰痛対策,自分でできる身体のケア

今日は暑かったですね。

 

高崎は昨日より8度も高かったそうです。

明日は30度超えるらしいですね。

 

今日は患者様から「エアコンをつけちゃいました」なんて声もちらほら聞こえてきました。

 

これから夏に近づくにつれてさらに暑い日が続くと思います。

 

暑い日が続くと不調に陥るという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ですが!!

 

暑い日が続いた時に不調の原因になるのは暑さよりも『冷え』です。

 

冷たい飲み物・食べ物の摂りすぎ

空調の効きすぎた室内

冷えた寝室でお腹を出して寝てしまった

そして、、、

入浴をしない!!

 

暑い時期になると増えるのですが、入浴しないでシャワーで済ますという方。

空調の効いた部屋や冷たい食べ物・飲み物が悪いわけではありませんが、重要なのは頻度とタイミング。

 

空調の効いた部屋にいるのに冷たい飲み物やアイスを食べ、ご飯はのどごしのいい麺類。

 

身体はどんどん冷やしているのに入浴はしない!温めない!!

 

夏になると

『胃腸の調子が悪い』『お腹を下しやすい』『良く眠れなくなる』『夏風邪を引く』

『食欲がわかない』『だるい・気分が低下する』『肩こりがひどくなる』

なんていう不調が現れる方は要注意です!

 

さらに!!

 

『ぎっくり腰』

 

ぎっくり腰も冷えが原因のひとつとなります。

 

浴室でぎっくり腰になって、裸のまま助けも呼べず這いずるように脱衣所に出てくる・・・

経験のある方は共感できるのではないでしょうか??

 

多いのが洗髪中。

お湯がかかるのは頭だけ。日中に散々冷やしていたから腰回りはすでに硬い状態なのに濡れた身体はさらに体温を奪われる。冷えた筋肉はさらに硬くなり、シャンプーに手を伸ばした瞬間に・・・

 

いかがでしたか?

上記のような症状、すでに心当たりのある方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

もちろん熱中症が一番危険なのでエアコンを使うな、冷たい物を飲むなといったことではありませんが、会社の空調が効きすぎているなら一枚余計に羽織る。腹巻をする。

空調の効いた部屋では飲み物は常温にする。

食事には必ず一品暖かい物を食べる。

そして、入浴をする。

 

これだけでも不調は随分避けられるものです。

 

それでもダメな場合は当院にご相談ください(^^)

身体の中からしっかりと不調を改善していきます♪

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

 

LINE@からもご予約できるようになりました!

メッセージは基本お昼休みと業務終了後に確認いたします。

友達追加はこちらをクリック↓


 

 

QRコードからも登録できます

 

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日