MENU TEL

Blog記事一覧 > 冷え性,自分でできる身体のケア,豆知識 > 電磁波を気にしたことありますか?~症状と対策~

電磁波を気にしたことありますか?~症状と対策~

2018.06.06 | Category: 冷え性,自分でできる身体のケア,豆知識

携帯電話、パソコン、家電製品、Wi-Fi、etc・・・

『帯電障害』

 

身体は電気をためこんでしまいます。

 

・電気がたまる場所は

脳、脊髄、筋肉と筋膜の間、皮膚、回盲部(小腸から大腸の移行部)にもたまりやすいそうです

 

・電気が身体にたまると

原因不明のだるさ、冷え性、肩こり、睡眠障害、アレルギーやアトピーの原因になると言われています。

実際に震災で停電した際にアトピーが改善した方もいらっしゃるそうです。

※もちろん帯電以外の原因も考えられます

 

最低限避ける努力は必要ですが、

電磁波が悪影響を及ぼしそうなことは理解できてもなかなか避けられないですよね。

Wi-Fiも今はいたるところにあるし、パソコンやスマホがないと仕事にならない人もいます。

 

ではどうする??

 

避けられないなら外に出しましょう!!

 

その方法をご紹介します。

 

『除電の方法1』

毎日30分ほど素足で地面に立つか歩くかするとよいそうです。

地面に素足で立つと電磁波が除電される

素足で立って除電

 

素足に抵抗がある方は底の薄い靴なら効果が期待できるそうです。

ただし、ゴムやプラスチックでは電気を通さないので革靴がいいそうです。

 

 

散歩する習慣がある方はアスファルトではなく公園など土の上がよいですね!

革靴で歩く際はあまり無理をしないようにしましょう。

足に負担の少ない革靴も見つけたら報告しますね!

 

 

地肌で大地に触れることで
地表の電子が供給されて体内のイオンバランスが
よくなり元気になるそうです。

もちろん肌が触れれば良いので、子供であれば砂場で遊ばせたりもいいですよね!

 

『除電の方法2』

アーシングボードを作ろう!!

外に出るのは時間の確保とか難しいとうあなた!

これを作れば家の中にいながら除電ができます。

『用意するもの』

1.銅板

今回は1㎜厚の物を使用しました。

除電のアーシングニ使う銅板

銅板

 

 

2.アースコード

除電のアーシングに使うアースコード

アースコード

 

 

3.圧着端子

アース端子と繋ぐのに使用。無くても可

除電のアーシングに使う圧着端子

圧着端子

 


4.シールドクリップ

銅板と繋ぐのに使用。テープなどで繋いでも大丈夫

 

除電のアーシングに使うシールドクリップ

シールドクリップ

それぞれを繋ぐと

銅板とアースコードを繋ぐ

銅板とアースコードを繋ぐ

アースコードをコンセントに繋ぐ

アースコードをコンセントに繋ぐ

こんな感じになります。

 

ちなみに私はサイズ感を全く考えずに適当に買ってしまったので圧着端子とシールドクリップは合わず使えませんでした・・・

除電のアーシング

この状態で肌に触れれば除電(^^♪

当院ではこんな感じに。銅板の端は切れやすいのでテープなどで覆いましょう。

 

『使用方法』

銅板に肌が触れると電気がデトックスされます

床に置いて足を乗せてみましょう!手で握っても大丈夫!

10分~30分を目安におこなうと良いですが、感覚の鋭い方はその場で身体から重さが抜けていくような感覚を感じます。

ビフォーアフターで試す場合は乗る前後で前屈や後屈を比べてみて下さい。

帯電の強い方だと変化にビックリする方も!!

 

当院の待合室にも置いてみましたのでご来院の際は是非乗ってみてくださいね♪

 

以上、除電の方法でした!

常に電磁波を浴びていると心当たりのある方は是非試してみてください!

 

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

 

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

 

LINE@からもご予約できるようになりました!

メッセージは基本お昼休みと業務終了後に確認いたします。

友達追加はこちらをクリック↓


 

 

QRコードからも登録できます

 

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日