MENU TEL

腕から来る肩の痛み

2017.01.09 | Category: スポーツ障害,内臓整体,肩の痛み,野球肩・野球肘

野球の投球時、腕がトップの位置からしなった時に、肩の前面に痛みが出ることはありませんか?

その痛み上腕二頭筋長頭腱炎かもしれません。
上腕二頭筋長頭腱炎とは腕で力こぶを作る上腕二頭筋という筋肉に何らかの形でストレスがかかると、上腕二頭筋の腱が上腕骨の結節間溝というところと擦れ炎症が起きる症状のことです。

 

img_4206-1

投球時では、リリースの直前で痛みが出ることもありますが、主に腕をしならせた時に出現します。
慢性化すると、肩の前面でゴリゴリと音がしたり、違和感が残ったりします。
投球時のテイクバックで腕を引き過ぎたり、リリースの時に身体を横に倒し過ぎてボールが身体の遠くを通るようなフォームでは、さらに上腕二頭筋への負荷が強くなります。

 

img_4261 img_4265

このようなフォームでは肩自体より腰や股関節に問題があることが多く、そのような場合はそこを改善することで投球時の上腕二頭筋への負荷が軽減します。

さらに上腕二頭筋は、胃との関連があり、胃に負荷がかかっていると上腕二頭筋に硬さが出ることがあります。

656290

 

 

 

 

  

その場合は筋肉や関節などからでは問題が取り切れず、胃の調整で改善します。

このように当院では、患部の症状だけにとらわれず、筋・骨格・身体の中からあなたの症状を改善します。

 

思い当たる方はすぐ当院にご相談ください。

さらにホームページからお問い合わせいただいた方限定で、
『内臓整体』5500円を初回お試し→30%オフ!!3850円でご利用できます!
この機会に是非お試しください!

 

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

ブログ、問い合わせ

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日