MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,内臓整体,肩の痛み,野球肩・野球肘 > ストレッチは野球肩を改善できるか!?

ストレッチは野球肩を改善できるか!?

2017.01.23 | Category: スポーツ障害,内臓整体,肩の痛み,野球肩・野球肘

野球肩の原因は肩周りの筋肉が硬くなって肩が前に出ているからです。少し肩を休ませてしっかりストレッチをして下さい!

 

 

なんて言われたことありませんか?

 

その症状、ストレッチやマッサージで改善しましたか?
IMG_4361

単純に投球数だけが問題であるならば、ストレッチやマッサージなどで改善していると思います。

 

 

でもその症状、意外なところから来ているかもしれません!

 

 

その前に、どうして肩が前に出てくるのかというと。

 

 

正確には上腕骨が前に出ています。(前方変位)

 

 

投球などで肩周りの筋肉に損傷が生じ筋肉が硬くなることで、肩の前にある大胸筋などが上腕骨を前に引っ張ったり、肩の後ろにある棘下筋や小円筋、または関節包という関節を包む袋が肩を外旋(外側に回す)させる時に上腕骨を前に押し出します。
IMG_4365

IMG_4367

ですので、その筋肉を柔らかくするためにマッサージやストレッチをしましょうと言われるわけです。私も以前はそう言ってたのですが(゚Д゚;)

 

 

ですが、なぜそこに損傷が生じたのかまではなかなか説明がないことが多いですね。

 

 

多いパターンとしては胸郭周りに硬さがあります。(他にも股関節や腰椎などのこともあると思います)

 

 

結果投球時に胸を張れなくなるので必要以上に肩周りの筋肉に負担がかかります。

IMG_4369

(個人的な意見ですが、投球時に胸は意識して張るのではなく正しいフォームで投げていれば自然と張れるものです)

 

 

その場合は胸郭周りに関連する横隔膜や胃・縦隔(肺)・心臓などの調整を行うとストレッチやマッサージなどをしなくてもほとんど前方変位が取れていることもあります。

IMG_4368

さらに肩周りの筋肉である、大胸筋は胃・三角筋は肺・棘下筋は胸腺(心臓の前に位置)・肩甲下筋は心筋に関係あり、見逃せない臓器になります。

 

 

あなたを悩ませている野球肩、もしかしたら内臓から来ているかもしれません。

656290

 

 

当院では身体の中からあなたの症状を改善します。

 

さらにホームページからお問い合わせいただいた方限定で、

『内臓整体』5500円を初回お試し→30%オフ!!3850円でご利用できます!

この機会に是非お試しください!
ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日