MENU TEL

野球肘

鋭い痛みの野球肘!休ませるだけではダメ!?

・肩肘は消耗品だから・・・

 

・成長期だから投げ過ぎたら痛くなるのは仕方がない・・・

 

・肘に電気を当てたり肘まわりをよくマッサージしてもらっているけど・・・

 

・毎週日曜日の野球しかしてないのに投げ過ぎだと言われた・・・

その肘の痛み本当にただの投げ過ぎですか?

しっかり休ませたのに投げるとまた痛みが出たりしませんか?

同じくらいの体格の同じポジションの同じ練習量をこなしているチームメイトは痛くなっていないのに、なんて経験はありませんか?

野球肘と言っても筋肉から来る痛み、靭帯の痛み、骨由来の痛み、神経由来の痛みなど様々です。

中には手術が必要になるほど重症化するものもあります。

特に13歳前後は急激に身体も成長し、それに伴い歪みも出やすく、歪んだまま不適切なフォームで投球を続けていると肩肘に負担がかかってしまいます。
成長期の骨は柔らかく損傷しやすいため特に注意が必要です。肘の成長軟骨を損傷した場合は1年近く投球ができなくなってしまう場合もあります。

野球肘は単に投球数が原因の場合は、患部を休ませてマッサージやストレッチだけで軽快するでしょう。

ですが、前述したように歪んだまま不適切なフォームで投球を続けていれば患部に必要以上に負担をかけてしまいます。

もちろん適切なフォームを習得するには練習が必要ですが、全身の歪み・硬さ、筋力のアンバランス、さらには内臓の歪みからも投球フォームに問題を起こしている場合があります。
特に現代人は食品添加物、化学調味料、遺伝子組み換え食品、さらには電磁波など・・・
様々な要因で内臓に負担をかけています。

そのような場合は投球を中止して痛みが取れたとしても、根本的な原因が改善していない為、投球を再開すると痛みが再発します。

 

当院では肘だけの問題にとらわれず、身体全体からあなたの症状を改善いたします。
些細なことでも構いません。
お気軽にご相談ください。

施術について詳細はこちら

実際に施術を受けた方の感想はこちら

野球肩・野球肘についてのブログはこちら

 

動画でストレッチのご紹介もしています

ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください♪

ご予約・ご相談はこちらまで↓スマホは右上の電話マークをクリックでつながります!

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒370-0046 群馬県高崎市江木町1697-3
駐車場有り(6~7台)
電話番号027-386-8805
休診日土曜午後、日曜、祝日